グローバルウォーカーズと業務提携

AI用データ画像作成、タグ付けに強みを持つグローバルウォーカーズとの提携でAIの精度が向上

製造業のお客様を中心にAIのサービスを展開する株式会社クロスコンパス(本社:東京都中央区八丁堀、 代表取締役社長:鈴木 克信、以下「当社」という)は、2019年4月1日にAI用データ・ソリューションに強みを持つグローバルウォーカーズ株式会社(本社:東京都品川区西五反田、代表取締役社長:森川 和正、以下「グローバルウォーカーズ」という)と業務提携することに合意しましたのでお知らせ致します。

【提携の背景】

(1)実用的なAI生成のためには良質なデータの準備が必要であり、より多くのデータがあればよりAIの精度が期待できるが、データの自由な利活用が制限されている中、特定のデータを集める事が難しい
(2)日本の成熟した製造業においては、製造時に不良品を作りこむことは少なく、「異常データ」を収集する事が難しい

当社はAI用データ画像制作・タグ付け(アノテーション)のサービスプラットフォーム“Annotation One”を提供するグローバルウォーカーズと協業することで、「異常データ」をはじめとした学習データの提供と、上記背景に記載の課題を解決しAI生成が可能となると考え、今回の提携に至りました。

【期待される効果】

(1) 当社のAI技術を導入する前に必要なデータ取得の段階から、お客様をサポートする事ができるようになります。
(2) 「異常品」や「事故データ」等の収集が難しいAI用データを事前に準備することにより、AIの精度が向上します。

グローバルウォーカーズとの協業により、よりお客様の課題に即したAIテクノロジーの提供を目指します。