プロファイル予測

②精密機器メーカ様の加工手順予測

画像データとNCプログラムから効率的な加工手順を予測。
熟練者不足解消と納期短縮に貢献しました。

製造業

画像データ、
NCプログラム

プロファイル予測

背景と課題

ある精密機器メーカでは仕様によって金属部品の加工手順(プロファイル)を都度設計していたが、熟練者の勘と経験に頼る部分が多く、完成までに時間がかかっていた。

課題

加工手順設計期間の削減、新人でも加工が簡単に出来る体制作り、 熟練者不足による少量多品種への対応困難。

Our Solution

ディープラーニング(Deep Learning)手法で数十工程ある熟練者の加工ノウハウ、工具、加工前後の画像をニューラルネットワークに学習させ、熟練者に匹敵する加工プロファイルを自動的に生成。熟練者がいない現場でも瞬時に加工に取り掛かれるように。納期短縮と生産性向上へ貢献。