【講演情報】バラ積みピッキングを解決するAIソリューション

2018年10月17日(水)~19日(金)に開催されるロボット関連の総合展「Japan Robot Week」において、当社の事業戦略本部  副本部長 高倉敏が登壇致します。

AI技術を開発しロボットピッキングの高度化に取り組んでいる当社ならではの視点から、AI×ロボットの展望を解説予定です。

■セミナー概要
Japan Robot Week2018併催セミナー
「ロボットセルのシステム設計とAI利用ロボットマニピュレーション」
日時:2018年10月17日(水)14:00~17:00(受付開始13:30)
場所:東京ビッグサイト 会議棟 609会議室
受講料:有料
主催:日刊工業新聞社
協力:FA・ロボットシステムインテグレータ協会
公式ページ:
https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2051

■講演概要(15:30~16:10予定)
「バラ積みピッキングを解決するAIソリューション」
バラ積みピッキングは、ロボット工学において古典的ながら難題の1つとされます。画像認識と把持方策、ハンド設計の三者を一体となって解決する必要があるためであり、「見えるが掴めない」という事象が多々発生しているのが現状です。当講演では株式会社安川電機とクロスコンパスが共同開発した、AI実装によるバラ積みピッキングをのシステムの概要と特徴、対象物の把持位置の推定や学習方法の紹介に加え、AIロボットピッキングのさらなる応用とシステム構築への影響に触れます。