【お知らせ】コマツの自律運転油圧ショベルへの技術協力

株式会社クロスコンパス(以下「当社」)の取引先である株式会社小松製作所(以下「コマツ」)が、10月16日(火)から幕張メッセにて開催されましたCEATEC Japanに出展し、スマートコンストラクションの未来の姿を想定したデモ展示を実施されました。

今回デモ展示された自律運転油圧ショベルは、AI機能の一つとして、登載されたカメラからの画像を利用しクローラダンプの状態を判別するものです。

当社は、このデモンストレーションにおけるAI機能の開発に技術協力致しました。

このAI機能により、クローラダンプの接近・離脱・旋回といった状態が判別できるようになり、自律運転油圧ショベルとクローラダンプとの連携がスムーズに行うことが可能となります。また、スマートコンストラクションにおける様々なICT建機の効率的な連携が期待されます。

当社は、今後も産業機器メーカおよび製造業向けのお客様との技術協力を重ね、当社が開発するAIが新たな価値を創造することで、お客様のビジネスに貢献します。